結婚式場について学ぶ

結婚式場の衣装

結婚式場を決める際にはいくつかのチェックポイントがあります。まずは、結婚式場の場所、収容人数です。これはとても基本的で大切なことです。招待客が来やすい地元や勤め先の近くであるか、それとも海外か、それだけでもすべてが変わってきます。誰を呼びたいか、どこで挙げたいかをまず確実に決めましょう。場所が決まっても、そこにはさまざまな結婚式場があります。その中で、複数の場所に訪れ、プランナーさんから見積もりをもらうカップルは多いでしょう。しかし、結婚式場の雰囲気、見積もりの金額ですぐに決めてしまうのは危険です。

最終的に金額が倍近くに膨れあがったという場合があるからです。そこで次チェックするのが見積もりの内容です。まずは衣装代です。ドレス選びは女性や母親にとって、一番力の入る段階です。当初の見積もりでは、20万円のドレス代が2着分組み込まれていたとします。

しかし、提携先のドレスショップに足を運ぶと、20万円のドレスでは物足りなく、人気モデルが着ているドレスや新作のドレスに目が向きます。そして、インターネットで調べると、それ以外の有名デザイナーが作った素敵なドレスがたくさんあり、ますます夢が膨らみます。そこで、例えば提携のドレスショップ以外のドレスを着たいとなった場合、持ち込み料というものがかかってしまいます。

結婚式場によっては、1点につき、5万円以上する場合あり、お色直しや新郎の衣装などを踏まえると、あっという間に予算オーバーです。

そのため、提携先ドレスショップのドレス種類を事前に調べる、持ち込み料を確認するということをおすすめします。次に、料理とお花です。お花は結婚式場を華やかにするのに大切な要素です。しかし、見積もりでは、一番安いグレードに設定されている場合があります。また、料理についても、一番安いコースでは物足りない場合もあります。そのため、見積もりが出た段階で、お花のグレードやボリューム感、料理の内容いついて考える必要があります。

お花のグレードが5万円から100万円まであった場合、5万円のお花で済むということはないと考えたほうが良いです。

また、料理も、8000円から2万円のコースがあった場合、8000円ではお互いの両親に反対されることも考えられます。これらは招待者数に応じて金額も増えていくため、必ずチェックしましょう。また、見積もりが安く、オプションを付ける結婚式場もあれば、見積もりが高く、基本的に使用するオプションが組み込まれており、グレードも一般的なグレードで設定されているものもあります。それをきちんと比べ、自分たちはどちらがあっているかを考える必要があります。結婚式をすると、打ち合わせが大変だという声をよく聞きます。これは、結婚式場を押さえるまではウキウキだったのに、その後にこんなはずじゃなかった、こんなものにもお金がかかるのか、予算オーバーだから諦めようといった、現実的な話になってくるからだと思います。そのような思いを少しでも減らすように、これらのチェックポイントを踏まえ、事前に調査した後に結婚式場を選ぶことをおすすめします。